石のまち|大谷町界隈


江戸時代に始まった大谷石採掘は、最盛期に年間89万トンを出荷する日本屈指の採石産業として発展しました。


そんな採石産業で栄えた大谷町。


この大谷石の産地・宇都宮では、石を「ほる」文化、掘り出された石を変幻自在に「使いこなす」文化が連綿と受け継がれ、この地を訪れる人々を魅了しています。


まちのあちこちに大谷石。建物の基礎に、石塀に、床に、壁に。


地域の素材が地域で使われ、ここにしかない風景になります。

すみまち_ロゴ.png
  • Twitterの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • YouTubeの - 灰色の円
  • Pinterestの - 灰色の円

©2020 sumimati.com