赤と黒


どこまでも続く道。