男体山登拝大祭


研究室の同期と深夜の男体山登山へ。真夜中の午前零時から登山を開始し、暗闇の中を必死に登りました。山頂に着く頃には、遠くの空からうっすらと明るくなり始め、無事御来光を見れました。絶景は堪能できましたが、しばらく筋肉痛で歩けそうにありません。